2022年09月15日(木)

インターン生募集のお知らせ

LINEで送る

国際協力NGOでインターンシップをしてみませんか?

 

<概要>

NICCOは、国際社会で活躍する人材を育成するために、1997年よりインターンシップ制度を設けて、実務経験を積む機会を提供しています。これまでにおよそ300名のインターン生を受け入れてきました。

 

NICCOのインターン制度の特徴は、補助的な仕事をしてもらうのではなく、インターン生でチームを組み、一つのイベントやプロジェクトについて責任をもって実施してもらうことにあります。こうしたNGOの国内業務を通して、国際社会に貢献する経験を積んでいただけます。意欲と継続性があれば、経験は問いません。

NICCOの一員として、途上国の方々への自立支援や災害・紛争の被災者の方々のための支援活動がしたい、国際協力に関する業務やイベント運営等に関心を持ち、NGOスタッフと一緒に仕事をしながら経験を積みたい、と考えている方のご応募をお待ちしています!

 

<インターンの業務>

本インターン制度では、主に下記の業務に携わって頂きます。

・チャリティやイベントの企画/運営

・広報物やウェブサイトの作成

・国内および海外プロジェクトの運営管理のアシスタント

・NGOの国内事務所の日常業務

 

<身に付けられるスキルなど>

本インターン制度では、上記業務を通して次のスキルなどを学ぶことが出来ます。

・基本的なビジネスマナー、電話対応、ビジネス文書作成能力

・スケジューリング、チームビルディング、予算管理、渉外等のイベント/プロジェクト運営

・エクセルを用いた会計管理や表計算

・アクセスを用いたデータベース管理

・イラストレータ等を用いた企画から入稿までの広報物作成DTPスキル

 

<海外研修(1年間コースのみ)>

1年間の研修では、研修開始後6か月間程度(合計525時間以上の勤務が目安)の国内業務に従事した後、希望すれば最長3か月間の海外研修の機会が得られます。

ただし、本人の勤務実績や能力により海外研修を認めない場合もあります。

海外事業地の状況により、派遣期間や派遣地は希望に添えない場合があります。

新型コロナウイルスの感染状況により海外研修が実施できない場合があります。

海外渡航費の一部を当会が負担、滞在中の宿泊費が当会負担となります。詳しくは、面接時にご確認ください。

途上国における海外研修についてのご家族の了解は必ず取り付けてください。

 

<インターン期間>

1.半年間コース:京都本部にて研修。

2.1年間コース:京都本部及び海外にて研修。

 

※原則、平日週21時間以上のフレックス勤務としますが、相談に応じます。

※本部業務日は土日祝を除く平日10:00-18:00。

※研修開始時期は希望日を考慮して決定します。

 

<募集条件・資格>

年齢:18歳以上34歳未満。

② 学歴:大学生以上、又は同等の学力を有する方。

③ 給料:原則、無支給。

 ただし、交通費は、週21時間以上の勤務を達成した場合、月15,000円まで支給。

④ NICCOの活動や理念に賛同していること。

⑤ 業務をやり遂げる責任感があること。

⑥ 自分から積極的に業務に取り組み、仲間と協力して業務を楽しむことができること。

⑦ NICCOの賛助会員であること。(賛助会員でない方は、インターン開始時に入会手続きをとっていただきます。※年間2,000円)

 

※なお、本人の能力、研修状況および空席状況によって、1年以上の研修の後、有給スタッフ(フェロー)として登用の可能性があります。

 

 

<応募方法>

次の書類を当会事務局にE-mailにて送付。

書類選考後、面接日時を連絡。

※メールを送信する際の件名に「インターン応募」の文言を入れてください。

1 履歴書(E-mailアドレスを記入)

2 志望動機(A4用紙1枚程度)

 

<募集期間>

2022年10月31日(月) 締切

書類提出先:公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)京都本部

担当:大豊、永田

 

〒604−8217

京都市中京区六角通新町西入西六角町101番地 

電話: 075−241−0681

メール: intern2017[at]kyoto-nicco.org  [at]を@に書き換えて送信してください。