フィリピン台風被災者支援

LINEで送る

プロジェクトの背景

2013年11月にフィリピンを襲った台風ハイエン(30号・フィリピン名ヨランダ)は、同国中部のレイテ島を中心に被災者1400万人、被災家屋110万戸の被害を出しました。(国連の戦略的対応計画:Strategic Response Plan)
NICCOは2014年1月から「台風に強い家づくり」の支援をレイテ島北部で開始、12月からは平成25年フィリピン台風兵庫県義援金募集委員会が集めた義援金を活用して、2015年5月末まで支援を続けました。NICCOは台風による全損と判断された家屋に住む世帯の中で、貧困世帯や支援から漏れてしまっていた世帯、奥地に居住している世帯の中から、片親の世帯、3人以上の子どもをもつ世帯、高齢者や障がい者のいる世帯、もしくは乳幼児や妊婦がいる世帯を選定して家屋修繕用資機材を配布しました。

また、日本人大工の高柳鉄平氏を派遣、モデルハウスを建設するワークショップを通して、地元大工20名に対し、災害に強い木造建築技術を指導しました。日本と現地の技術を融合させた技術は地元大工にも受け入れやすく、資機材の配布前後に彼らが村をまわり、その適切な使用についてアドバイスを行いました。さらに自分たちでは家の修繕ができない世帯に対しては、ワークショップに参加した大工が代わりに修繕を行いました。

平成25年フィリピン台風兵庫県義援金募集委員会とフィリピン政府、NICCOの三者協定締結の様子はこちら

■期間:2014129-2015531
■内容:台風に強い住宅づくり支援事業
■事業地:フィリピン中西部レイテ州カポオカン町
■事業成果:・800世帯(9村)へのシェルター・リカバリー・キットの配布 ・ 日本人建築専門家を派遣し、20名の大工を育成

現地の声
ワークショップに参加した地元の大工からは「習得した技術を使用した家は確実に強度が増している。」「高柳氏からその重要性を学び、お金がないことを言い訳にせず技術を使い災害に強い家をつくっていきたい。」「家族や友人など、周りの人に技術を伝えたい」という声があがっていました。
そして、2015年5月の現地に対するモニタリングでは、支援してくれた日本の皆さんへの感謝と、これからの復興への決意の声があがっていました。

今後のフィリピン台風被災地への支援

レイテ島北部の半島地域や山間部は交通の便が悪く、当初は被災地の中でも支援から取り残された地域でしたが、住居の修復は進みつつあります。しかし、一方でココナッツ産業の90%、牡蠣などの養殖が全滅というダメージを受け、この地域は経済的困窮に陥っています。
また、2014年12月には大型台風ハグピート(22号)が再びフィリピンを襲いました。地球温暖化による、予想された台風の巨大化が現実のものとなりつつあり、今後も大型台風の襲来は避けて通れないでしょう。

1. ココナッツを中心とした農業支援(ココヤシ銀行)

2. 水牛(カラバオ)銀行

3. 牡蠣養殖を中心とした漁業支援

この新しい支援の開始には皆さまの協力が必要です。
今後とも、NICCOのフィリピン台風(2013年第30号 台風ハイエン)被災地支援へのご協力をお願いいたします。

 

ブログ更新情報