アフガニスタン人道支援

LINEで送る

プロジェクトの背景

アフガニスタンでは、1979年のソ連の侵攻以来、20年にわたって内戦が続き、2001年のタリバン政権崩壊以後は、NATO軍が駐留したものの引き続き不安定な治安状況が続いています。そのため、インフラ・社会制度・教育・医療など広範な分野において開発が著しく遅れてきました。

2008年時点のアフガニスタンの初等教育就学率、識字率、一人当たりのGDP、平均寿命はいずれも世界最低水準にあり、現在も貧困が次世代の貧困を再生産する構図が続いています。

このような状況を打破するために、アフガニスタンは、2008年より国家開発戦略を策定し、経済発展と平和構築を柱とした新しい国づくりを開始しました。しかしながら、農村部は開発に取り残され、依然として貧困が蔓延しています。

ヘラート州のある農家の方は、NICCOに宛てた手紙の中で、「世界には、農家1 人で100 人に食べ物を与えることが出来る国があると聞きましたが、私たちはたった2人ですら支えてあげることができません。その理由は、農機具や機材、肥料、知識などが不足しているからです」と語っています。

プロジェクトについて

そこでNICCO20113月から、アフガニスタン西部のヘラート州の農村部に対する支援を実施してきました。2013年度は5カ年計画の3年目に当たり、新たな事業対象地としてゴール州を加えました。

具体的には、以下の活動を行なっています。

1. 子どもたちが安全かつ適切な環境で、質の高い教育を受けられるようにするための、学校建設、学校教員の研修などの教育環境整備事業

2. 女性の教育や技能取得・就業の機会拡大を目指した、識字教室、ITや英語研修の実施など女性のエンパワーメント(潜在能力の発揮を可能にするための支援)事業 3.  農家の知識と技術・収入の向上を図る、農業技術支援・収入創出事業    

ブログ更新情報

2016年8月17日
アフガニスタンの提携団体・RSDOからのメッセージ
2016年8月17日
Message from RSDO, NICCO’s local partner in Afghanistan
2016年2月1日
【アフガン人道支援】アフガニスタン・ヘラート州とゴール州にて学校が完成しました!!The school construction is completed in Herat and Ghor Provinces, Afghanistan!!